ビットコイン収入にかかる税金と確定申告方法

ビットコインなどの仮想通貨のトレードで利益が出たら確定申告が必要になります。株式投資では証券会社が源泉徴収をしてくれていますが、仮想通貨取引所は源泉徴収をしてくれないので、自分で計算をして確定申告をする必要があります。

税務署に無断でビットコイン投資をすることは問題はありません。あくまで1年間で利益が出た場合にあとから確定申告をすれば良いのです。

会社に無断で投資をしているという人も多いと思いますが、これも問題はありません。
ビットコインのトレードで利益を出したら自分で確定申告をする必要があり、会社の年末調整の時に一緒に源泉徴収をしてもらうということはできません。

基本的には譲渡所得として扱われるので、50万円の基礎控除を受けられます。1年間で出した利益が50万円以内ならば基礎控除の範囲内なので確定申告は必要ありません。
トレードを何回も繰り返している場合やFXをやっている場合には雑所得として扱われることもあります。雑所得となった場合には、サラリーマンやOLの場合には20万円ルールが適用され、20万円以下ならば確定申告は不要です。

課税対象はあくまで利益となっており、投資をしたお金やかかった経費などは差し引くことができます。

ビットコインで儲けたら確定申告が必要

ビットコインで稼げるという安易な情報転載記事に踊らされるのは禁止!

ビットコインの投資では資金を10倍以上にすることができたという記事などがインターネット上にあがっています。
しかし、大儲けをしている人もいる半面で、大損をしている人もたくさんいます。特にFXでは資産がゼロになってしまう可能性もあるので、気をつけて取引をしましょう。

ビットコイン投資は大儲けができる可能性がありますが、トレードによって稼ぐものなので勝者と敗者が存在しています。

ビットコインの現物取引の場合には、安い時期に購入をして、価値が上がったタイミングで売ることで利益を出すことができます。記号はBTC/JPYと表されますが、海外の取引所ではドル建てもしくはユーロ建てとなっているので注意をしておきましょう。取引所によって手数料も異なっています。

税金について困ったことがあったら税理士に相談をしてみましょう。基本的にはインターネットで調べながら自分で確定申告をすれば良いですが、利益が膨大になる場合には税理士に相談をして少しでも納める税金を安くすませる工夫をしたほうが良いでしょう。

利益が1,000万円以上になる場合には法人を設立したほうがメリットが出るかもしれません。