ビットコインを投資信託で投資できる

ビットコインは投資信託で投資することができ、配当は現金でなくビットコインで支払われます。配当を受け取る際には、取引所に口座に該当するビットコインウォレットを開設することが必要です。満期は商品によって異なり、毎月が満期日になるようなビットコインの投資信託もあります。
ビットコインの投資信託には保険付きと保険なしがあり、保険なしの投資信託は保険ありの投資信託よりも高利回りになります。保険付きの投資信託は利回りは低くなりますが、万一の時には保険金が支払われるので安心です。
ビットコイン投資信託の最大のメリットは、通常の投資信託よりも利回りが高いことです。年率10%を超える利回りのビットコイン投資信託もあり、短期間で資産を増やせる可能性があります。ただし、通常の投資信託と同様にリスクも存在するため、リスクを知ったうえで投資をすることが大切です。
ビットコインの投資信託のビットコインETFは、2017年3月11日にアメリカのSECから否認されましたので、2017年5月現在ではビットコイン上場投資信託はありません。ビットコインは世界中に普及しており、決済手段や資産運用の手段として定着しているため、上場投資信託もいずれは承認されると予測されます。

ビットコインの投資信託

投資が出来るようなった場合の取引上のメリット

取引所にウォレットを開設してビットコインで投資が出来るようになると、売買差益を得ることができます。ビットコインの価値は一定ではなく日々変動するため、安い時に円などの通貨で購入して、高くなった時に売ると売買差益が儲けになります。
ビットコインによる投資は株式投資やFXと似ていますが、株式投資のように銘柄を選定する必要はないので、初心者でも比較的簡単に投資をすることができます。投資の方法は株式投資よりもFXとの類似点の方が多く、FXの経験のある方ならすぐにビットコインによる投資も可能です。
ビットコインの投資のメリットは、クレジットカード情報などの個人情報が漏れる心配はなく、取引所が破綻しない限り、大切な資産は厳重に守られます。採掘という方法でも資産を増やすことができ、資産運用としては最適な手段です。
ビットコインは24時間365日にわたって取引をすることができますので、仕事で忙しい方でも仕事が終わってから投資をすることができます。少額でも取引可能ですので、収入や資産が少ない方でも手軽に投資をすることが可能です。
ビットコインは投資対象としてだけでなく、ネットショップでの決済に使用することもできます。送金スピードが速いため、海外のネットショップでの決済に適しています。