モナーコインの使い道

モナーコインは巨大掲示板のソフトウェア板とVIP板のユーザーから生まれた仮想通貨です。日本初の仮想通貨であり、日本を中心に流通しています。2013年に一時的な公開を経て、2014年に正式にリリースをされました。2017年で3周年となります。このコインの名称は巨大掲示板発祥のAAのモナーが由来となっていて、通貨単位はMONAとなっています。
モナーコインは物の交換にモナーコインが活用されています。現在は実店舗での利用実績はあまりありませんが、過去にはモナーコインを使用できるオークションサイトに土地が出品され、土地の取引が成立した事例もあります。
モナーコインを使えばこれが買えるというよりは、ものを売りたい人と買いたい人がモナーコインでの取引を希望した場合、取引が成立すると考えると分かりやすいでしょう。
他にも巨大掲示板への書きこんだ場合、投げ銭としてモナーコインを使用する場合もあります。面白い投稿をした人がいたら、そのIDに投げ銭をすることで、投稿者にコインを投げることができます。また、いくつかモナーコインで取引できるサイトがあり、そうしたサイトで品物の購入等をすることができます。ギフト券や、お菓子などが出品されていることもあります

ネットで購入する場合

ネットで購入する場合、IDが必要

モナーコインを入手するにはウォレットが必要となります。配布サイトからダウンロードをすることで、口座番号に該当するウォレットのIDが割り当てられます。このIDを人に教えることで、モナーコインをネット上でやり取りできます。この段階では個人情報の登録は必要ありませんが、netで購入しようと考えているときは、モナーコインを販売しているサイトに行き、会員登録をしましょう。
会員登録後に身分証明書の送付やお金を振り込んで購入手続きが必要となります。ここでもIDを作ることができます。日本円とビットコインで購入することができ、購入後はIDを使ってやり取りができます。
本人確認の手続きは必要とありませんが、他の仮想通貨を買ったり、5万円以上の取引をしたいと考えているときは、本人確認の手続きが必要となります。仮想通貨を買う場合には、その通貨が安全かどうかが気になることもあるでしょう。ブロックチェーン技術を使い、取引所でもセキュリティの管理強化がなされています。そのため、個人情報が流出する心配もありません。
ネット上で個人情報を提供する必要がなく、やり取りができるモナーコインは便利な反面、価格の保証はないため、取引がなければ価格が下がり、購入価格以下になることもあることを忘れないようにしましょう。