取引ごとにビットコインアドレスは変わる

自分のウォレットから相手のウォレットに送る方法ですが、取引所のサイトに登録します。すると口座番号の代わりとなる自分のアドレスが入手できます。
銀行のような仲介を通さなくても、個人間で「通貨とされる数字」が手数料も格安で相手のアドレスに送金することができます。ですが一度取引をしたアドレスは次使う時は変更されます。それはビットコインの仕組みによります。誰から誰にいくらビットコインが送金されたという台帳はネット上で確認ができ、誰にでも見ることができます。台帳を見れば誰がいくらもらったとプライバシーが筒抜けになってしまいます。
給料を受け取るためのアドレスと、例えばビットコインで買い物をしたアドレスが同じものにしたら、取引をしている複数の人とアドレスを共有していることになりプライバシーが丸見えになります。アドレスを変えないと、他人にあなたのビットコイン残高が簡単に知られてしまうことになります。そうならないためにも、ビットコインを作った開発者が便利機能としてアドレスが毎回変わるように設定してあるのです。
またそのように過去の取引が誰にでも分かるようにネット上に台帳の情報が公開されている理由は二重払いや、偽造といった行為を防ぐためにある仕組みでもあります。

利用の心構え

ウォレットからの送金は全てブロックチェーンに記録されている

ビットコインの取引には銀行を必要としない代わりに、検証が必要です。例えば買い物をした際の決済方法としてビットコインをクレジットカードで支払った場合、その取引が正常かどうか暗号を解読しなければいけません。
暗号通貨が価値のある世界通貨になった画期的な技術が、公開鍵暗号といった暗号技術です。全ての取引を検証しなくてはいけないので、膨大な計算が必要になります。そこで世界中のサーバーを借りて検証するのですが、その検証作業を手伝ってくれた方には、報酬として新規のビットコインが少額ですが支払われます。その作業をマイニングと言います。検証され正常だと判断された取引は、ネットワーク上の巨大な台帳つまり「ブロックチェーン」に繋げられます。このブロックチェーンがあることで誰から誰にビットコインが送られたと見ることができます。
手数料が格安なので世界中で利用され需要が高まっています。需要が高まれば、価格が上昇します。時々、取引所がハッキングされ仮想通貨が盗まれたという記事がありますが、取引所がハッキングされただけで、仮想通貨が盗まれやすい危険なものだという認識は誤りです。
誤った記事を鵜呑みにせず、仕組みを正しく理解することで、ビットコインを上手に利用してみましょう。