モナーコインの取引所

モナーコインはビットコインと同様に暗号通貨のひとつで、日本人が考え出したものです。モナーコインの平均ブロック生成時間は90秒で、ビットコイン(10分)よりも大幅に短縮されました。モナーコインは決済に要する時間が短く、取引時の手数料が低いという利点があります。ビットコインと同様に、モナーコインも自分の端末にウォレットアプリを無料でインストールして利用することができます。モナーコインは日本人が開発した通貨なので、日本語の公式サイトが存在します。公式サイトにはウォレットアプリのダウンロードや使用方法などの情報も日本語で提供されています。
今はビットコイン以外にも多くの暗号通貨が開発されていますが、これらの通貨を入手するためには現金から直接交換することができず、最初にビットコインを入手してから交換する必要があります。
モナーコインは最初は2chユーザーによって洒落で作られた暗号通貨ですが、取引所を利用して入手することができるようになりました。モナーコインとビットコインなど他の暗号通貨との交換を行う取引所には「もなとれ」や「Allcoin」があります。これらの取引所を利用する際は、最初に他の取引所でビットコインを購入してからモナーコインと交換する必要があります。
最近は、取引所で日本円から直接モナーコインを購入することができるようになりました。

モナーコインの取引所

取引はZaifで

Zaifという取引所を利用すれば、日本円から直接モナーコインを入手することができます。一旦ビットコインを購入してからモナーコインを入手すると、二重に交換手数料がかかってしまいます。モナーコインを入手するのであれば、1度の取引でモナーコインを購入できるZaifを利用した方がお得です。
Zaifはモナーコインの取引所ですが、交換所としても利用できます。このためZaifの口座に日本円を入金すれば、「簡単取引」を利用してお好きな時にモナーコインを購入することができます。Zaif口座からモナーコインを引き出す際の手数料は一律0.001MONA(1円未満)と格安です。
Zaifの口座開設・維持手数料は無料です。Zaifでは本人確認書類を提出しなくても、1日あたり5万円までであれば日本円の入出金が可能です。
2017年3月現在のモナーコインの相場は1MONAあたり約4円で、少しずつ上昇しています。
ビットコインは取引時の承認に時間がかかるので、普段の生活での決済手段として利用する場合は不便です。このため、ビットコインは国際送金や多額の取引・投資などに向いています。モナーコインは承認時間が短いため、飲食店やお店で商品を購入する際の決済に便利です。日本では、ビットコインよりもモナーコインの方が普及しやすい土台が整っています。